消化器内科

消化器病専門医・消化器内視鏡専門医として、より専門的な診療をさせて頂きます


★対象疾患(食道・胃・大腸):逆流性食道炎・食道がん・胃炎・ピロリ感染症・胃がん・胃十二指腸潰瘍・機能性胃腸症・過敏性腸症候群・虚血性腸炎など

★対象疾患(肝臓・胆嚢・膵臓):脂肪肝・アルコール性肝障害・非アルコール性脂肪性肝炎・慢性ウイルス性肝炎(B型・C型)・肝硬変・肝臓がん・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性胆管炎・胆嚢ポリープ・胆石症・胆嚢炎・胆嚢がん・総胆管結石・胆管炎・胆管がん・急性膵炎・慢性膵炎・膵のう胞・膵がんなど


◆逆流性食道炎
胃内の消化液(胃酸など)が食道へ逆流し、食道に炎症を起こす疾患です。胸焼け・げっぷ・吐き気・食欲低下などの症状が見られます。内視鏡による診断が可能で、胃酸の分泌を減らす内服薬にて多くの場合は症状が緩和されます。

◆胃炎・胃十二指腸潰瘍
ストレスやアルコール、ピロリ菌感染が原因となります。急性の場合は、胃の痛み・吐き気・食欲低下などの症状が見られます。時に潰瘍から出血し血を吐いたり・便が黒くなって貧血となる場合があります。慢性の場合は無症状ですが、多くはピロリ菌に感染しており、胃がんの危険性が高いと言われています。当院ではピロリ菌の感染診断および除菌療法を行っています。

◆B型肝炎・C型肝炎
いずれも慢性肝炎から肝硬変、肝臓がんを発症する可能性がある疾患です。健康診断で肝障害を指摘された場合は、一度は検査を行う事をお勧めします。感染が判明した場合は、B型肝炎は当院で内服薬の治療が可能です。C型肝炎は治療可能な専門病院へご紹介致します。肝臓がんなどの定期検査は超音波検査などにて行います。

◆膵がん
近年増加しているがんで、早期発見が難しいがんの一つです。超音波により早期の段階で発見可能な場合があり、当院では積極的に腹部超音波検査で膵がんの検索を行っています。

診療内容に戻る